日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海難救助等社会貢献者の表彰等

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:828位 (18,325事業中)
成果物アクセス数:7,556
更新日 : 2017年11月18日

注目度とは?

団体名 社会貢献支援財団
団体名ふりがな しゃかいこうけんしえんざいだん
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥35,173,000
助成金額: ¥35,173,000
事業内容 海難救助等の人命救助をはじめとする運輸交通関係、さらには社会福祉への貢献、青少年の指導育成、スポーツ・文化の振興、国際社会への貢献、地域社会への貢献などの分野において、多年にわたり積極的にボランティア活動等に携わり、広く社会に顕著な貢献をされた方々を表彰し、その功労に報いることにより、これからの社会貢献活動が、明日の社会を担う若い方々によって継続され、さらにより活力のある、明るく住み良い社会の実現を願うとともに、わが国の公益の振興と社会の進展に資するため、本事業を実施した。
(1) 海難救助等社会貢献者の表彰
 @ 表彰候補者の推薦依頼
   都道府県知事47、都道府県教育委員会教育長47、政令指定都市12、中央公益法人代表者81、計187団体に平成10年度社会貢献者表彰候補者の推薦依頼をした。
 A 表彰候補者の推薦書の取りまとめ
   21都道府県知事より47名、17都道府県教育委員会教育長より31名、3政令指定都市市長より7名、56中央公益法人代表者より70名、計97推薦団体より表彰候補者155名の推薦があった。
 B 表彰候補者の審議・選考
  a.第1回表彰選考委員会
    委員に表彰候補者155名の功績内容の調査・審議が要請された。
  b.第2回表彰選考委員会
    155名の功績内容を調査・審議した結果、147名を表彰候補者として選考した。
 C 表彰受賞者の決定
   第82回理事会において平成10年度社会貢献者表彰受賞者として147名を表彰することを決定した。
 D 受賞者への通知
  (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 平成10年度 社会貢献者の実績
「海難救助等社会貢献者の表彰等」の報告書
備考