日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(1月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

地球環境と運輸に関するパンフレットの作成

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,156位 (19,777事業中)
成果物アクセス数:5,242
更新日 : 2021年1月16日

注目度とは?

団体名 交通エコロジー・モビリティ財団
団体名ふりがな こうつうえころじーもびりてぃざいだん
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥2,412,000
助成金額: ¥2,412,000
事業内容 近年、地球的規模の環境問題が世界的な関心を集め、中でも大気中のCO2濃度の上昇に伴う地球温暖化問題が最も重大な課題となっている。平成9年12月に京都で開催された気候変動枠組条約第3回締約国会議において、わが国は2008年から2012年までの間に6%削減(1990年比)することを、世界に約束した。これを受けてわが国もより一層のエネルギーの効率的な使用等によりCO2の排出を削減する必要がある。
 しかしながら、わが国における近年のエネルギー消費は、国際石油需要の緩和傾向とエネルギー多消費型ライフスタイル等を背景として大幅に増大している。しかも、CO2排出量の少ない天然ガスや全く排出しない原子力等代替エネルギーの利用可能性の高い産業・民生部門に比べ、運輸部門は、化石燃料からの転換がなかなか進まないのが実状である。
 地球環境問題のなかでも地球温暖化の問題は国民各層のライフスタイルに関わる問題であり、国民一人一人の意識改革が必要である。そこで運輸部門において環境対策、省エネルギー対策を推進していくためには、関係各層の理解と協力を得ることが不可欠である。このため、パンフレットを作成し、地球温暖化問題の概要及びその防止対策について周知啓発を行うことを目的として、本事業を実施した。
(1) パンフレットの作成及び配布
 運輸部門における地球環境問題の現状、地球環境問題や地域環境問題に対する対策、省エネルギー対策等をわかりやすく紹介したパンフレットを作成した。
 @ 規 格  A4判、カラー、36ページ
 A 部 数  10,000部(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「環境と運輸」パンフレット
「地球環境と運輸に関するパンフレットの作成」の報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。