日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(1月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

高齢者・障害者の移動円滑化に関する周知宣伝

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:642位 (19,777事業中)
成果物アクセス数:12,611
更新日 : 2021年1月16日

注目度とは?

団体名 交通エコロジー・モビリティ財団
団体名ふりがな こうつうえころじーもびりてぃざいだん
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥19,136,000
助成金額: ¥19,136,000
事業内容 高齢者・障害のある方々を支える社会システムの整備が重要かつ緊急な課題となっており、公共交通機関における利用円滑化対策推進の必要性はますます高まっている。現状を見ると公共交通機関について、一般利用者の高齢者・障害者の移動の円滑化に対する理解協力が充分にあるとは言えず、また既に整備された施設の利用に関する情報提供も少ないため、高齢者・障害者の利用が円滑に行われていない。
 このため、本事業では一般利用者に対する啓発広報を広く行うとともに、我が国内外における高齢者・障害者の公共交通機関利用の円滑化に係る対策や整備状況に関する情報提供を行うほか、運輸交通事業ボランティアの発掘と育成に重点を置いた事業を実施することにより、人にやさしい交通施設の実現と高齢者・障害者の移動の円滑化を図るため、以下の事業を実施した。
(1) 高齢者および障害者等の円滑な公共交通機関の利用に資する啓発広報事業
 @ ポスターおよびパンフレットの作成
  a.内容
   (a) 一般利用者に対して高齢者や障害者の方々等の利用に配慮した交通施設の整備の必要性を説明する。
   (b) 一般利用者に対して高齢者・障害者が交通機関を利用する際の支援・協力を啓発する。
  b.ポスター作成
   (a) 枚 数  6,000枚
   (b) 規 格  B2判カラー
  (c) 配布先  関係省庁、地方公共団体、JR6社、民鉄協会、バス協会、高齢者・障害者団体等
  c.パンフレット作成
  (a) 枚 数  10,000枚
  (b) 規 格  A4サイズカラー
(c) 配布先  (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 ノンステップバス・福祉タクシー普及促進セミナー「乗り降りらくらくバス普及セミナー」講演録
交通ボランティア育成講座報告書
交通ボランティアネットワークビジョン構築に関する調査報告書
「高齢者・障害者の移動円滑化に関する周知宣伝」の報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。