日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

アジア・太平洋諸国の海運振興協力調査

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,059位 (19,313事業中)
成果物アクセス数:5,706
更新日 : 2019年12月7日

注目度とは?

団体名 海外運輸協力協会
団体名ふりがな かいがいうんゆきょうりょくきょうかい
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥6,217,000
助成金額: ¥6,217,000
事業内容 先進海運国である我が国としては、アジア・太平洋地域の経済活動の基礎となる海運秩序の枠組みの構築を図るためのイニシアティブをとることが求められている。
 アジア・太平洋地域における各国の海運の実態や基礎情報、海運政策等を調査、情報収集し、新たな海運秩序の下で各国の海運振興に係る個別政策に対する提言及び必要な国際協力の方策を提言した。
(1) 委員会の開催
 @ 委員会の構成  委員長1名、委員8名
 A 委員会の開催
  a.第1回委員会
   (a) 内 容  事業概要の説明、事業完了報告書事業実施の進め方、委員会開催計画等について
   (b) 日 時  平成10年6月22日
   (c) 場 所  日本海運倶楽部304号 会議室
  b.第2回委員会
   (a) 内 容  文献調査、現地調査の進め方、報告書の骨格等について
   (b) 日 時  平成10年9月2日
   (c) 場 所  新橋愛宕山東急イン 1F ファンクションルーム1
  c.第3回委員会
   (a) 内 容  報告書案の審議、今後の本事業の協力について
   (b) 日 時  平成11年2月5日
   (c) 場 所  日本海運倶楽部306号 会議室
(2) 現地調査
 @ 調査
  a.調査項目  海運に関する基礎情報の収集、海運政策、法制度に関する情報収集
  b.調査方法
   (a) ヒアリング、文献調査
   イ.調査対象
    (イ) インドネシア海運総局、インドネシア船社SamudersShipping
    (ロ) タイ海事振興事務局、タイ船社Rigional Container Line、K(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 アジア・太平洋諸国の海運振興協力調査事業報告書
「アジア・太平洋諸国の海運振興協力調査」の報告書
備考