日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

開発途上国の運輸インフラ整備問題に関するセミナーの開催

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,056位 (19,313事業中)
成果物アクセス数:5,717
更新日 : 2019年12月7日

注目度とは?

団体名 海外運輸協力協会
団体名ふりがな かいがいうんゆきょうりょくきょうかい
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥13,805,000
助成金額: ¥13,805,000
事業内容 本事業においては、ヴィエトナムを始めとするインドシナ諸国の物流効率化のために極めて重要である東西回廊(タイからラオス又はカンボジアを経由してヴィエトナムに抜ける物流ルート)の現状と問題点を調査し、ハード、ソフト両面の物流システムの整備方策の検討と経済的評価を行い、タイ及びインドシナ三国に対して提言を行った。
 また、4カ国の代表者(物流システム整備を担当する運輸省の幹部)の参加を得て、ハノイにおいて開催するセミナーにおいて、インドシナ物流システム整備に関する情報提供を行い、同地域の関係者が共通の認識をもって総合的に運輸インフラ整備の促進を図ることを支援した。
(1) セミナーの開催
 @ 「インドシナ東西回廊整備セミナー」
  a.テ ー マ  「インドシナ東西回廊整備のための物流システム整備方策」
  b.内容と講師
   (a) JTCA調査団報告
      岩田 鎮夫氏  株式会社アルメック 代表取締役
   (b) ラオスにおけるインフラ整備事業と越境交通の特徴
      オーライ・ファンドアンデス氏 ラオス運輸交通・郵便・建設省 計画技術部長
   (c) ASEAN貿易政策に参加するための運輸インフラストラクチャー戦略
      チュルング・ソク・ターラト氏 カンボディア公共事業省
                  運輸インフラ担当次官補佐
   (d) タイにおけるハイウェイ開発プロジェクト
      スナント・グリエンプラディト氏 タイ運輸省道路局 計画部 土木技師
   (e) ヴィエトナムにおける東西(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 開発途上国の運輸インフラ整備問題に関するセミナーの開催事業報告書
Sub?Regional Seminar on the East?West Transport Corridor Development
「開発途上国の運輸インフラ整備問題に関するセミナーの開催」の報告書
備考