日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海難審判庁裁決の海難防止活動への利用

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,636位 (19,203事業中)
成果物アクセス数:652
更新日 : 2019年6月15日

注目度とは?

団体名 海難審判・船舶事故調査協会
団体名ふりがな かいなんしんぱんせんぱくじこちょうさきょうかい
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,710,000
助成金額: ¥8,710,000
事業内容 運輸行政の一環として海難審判庁が行っている海難審判は、裁決によって個々の海難審判事件の海難原因を明示して、同種海難の再発防止に寄与しているところであるが、本事業は、この貴重な裁決をデーター・ベースとして、海難の態様や原因を分析して最新の海難の動向を把握したうえ、その結果を海事関係官公庁、諸団体、学校及び船舶運航者の視聴覚に訴えることにより、海難防止活動を積極的に展開することを目的として、実施した。
(1) 内容
 最新の海難の動向から類似海難の再発防止のためのビデオを作成するとともに、これまでに作成したビデオ4作品を総集編としてまとめ、4地区において講習会を開催した。
 @ 海難防止用ビデオの作成
  a.題  名  エンジントラブル
  b.内  容  入港中、主機の整備不良で防波堤に衝突した海難の実例をドラマ化して、海難事件の原因、海難の防止法、海難審判のシーン及び関係者に対する海難審判相談の模様など。
  c.仕  様  VHSビデオ 30分
  d.数  量  プリント 50本
 A 海難防止教導用ビデオ(総集編)の作成
  a.題  名  どんな時、なぜ海難は起こるのか
  b.内  容  「居眠り」「炎上」「気持ちにゆとりを!」「エンジントラブル」のビデオ4作品を集大成したもの。
  c.仕  様  VHSビデオ 40分
  d.数  量  プリント 50本
 B 海難防止講習会の開催
  a.テーマ   最近における海難の実態について
  b.内  容  講 演「海難の発生状況、海難の原因及び海 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「エンジントラブル」講習会用ビデオ 成果物サムネイル画像
「どんな時、なぜ海難は起こるのか」講習会用ビデオ 成果物サムネイル画像
「海難審判庁裁決の海難防止活動への利用」の報告書
備考