日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

九州圏における海運振興関連施設整備

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,455位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:785
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 九州運輸振興センター
団体名ふりがな きゅうしゅううんゆしんこうせんたー
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥19,600,000
助成金額: ¥19,600,000
事業内容 当法人の事業活動地域である九州・山口(西部)地域の面積12.8%・人口は全国の12%であるが、九州は四方を、又山口(西部)は三方をそれぞれに海に囲まれており、対全国比で海岸線は29%、離島数は36%、離島航路は26%、重要港湾は25%を占めており海との関係は深い。
 しかしながら九州経済圏は、中央首都圏、中部あるいは関西都市圏に比し、経済的、その他においても特定の地域を除き、はるかに後進地域を擁しており、特に離島の旅客定期航路数は全国比で30.4%にも達しており、またこのうち国庫補助航路は対全国比で事業者数35.8%、航路数で37.5%と著しく高く、かつ、離島における港湾並びに附属施設等の整備は劣悪である等、航路利用者は極めて不便を余儀なくされている。これらの離島住民の民生と安定と福祉の向上、あるいは航路利用者へのサービスの向上に資するため海運振興関連施設整備事業を実施することにより、海事産業の経営基盤の強化を通じ、地域経済の発展と離島の民生安定向上に寄与することを目的に本事業を実施した。
(1)生鮮食料品輸送・保管のための保冷コンテナ・冷凍保管庫の整備
 @ 施設名 保冷コンテナ及び冷凍保管庫
 A 仕様(規格) 数量及び配備先(投入航路) 管理委託先 投入航路 仕様・規格 数量
外法寸法(?o)
L×W×H 材質
自重(?s)
(保冷コンテナ)
三島村 鹿児島

三島 2125×1680×2100 鋼製
アルミ合板
1,300 4個
(冷凍保管庫)
奄美海運?? 鹿児島
喜界
知名 6058×2438×2591 鋼製
アルミ合板
3,000 1個
十島村 鹿児 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 生鮮食料品輸送・保管のための保冷コンテナ及び冷凍保管庫の整備事業
生鮮食料品輸送・保管のための保冷コンテナ及び冷凍保管庫 写真
離島岸壁における風雨防止用通路シェルター整備事業
離島岸壁における風雨防止用通路シェルター 写真
「九州圏における海運振興関連施設整備」の報告書
備考