日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

最新造船技術要覧の刊行

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:690位 (18,849事業中)
成果物アクセス数:10,102
更新日 : 2018年12月8日

注目度とは?

団体名 日本船舶輸出組合
団体名ふりがな にほんせんぱくゆしゅつくみあい
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥6,029,000
助成金額: ¥6,029,000
事業内容 (1) 事業の目的
日本造船業の技術開発動向の最新のデータを総合的に紹介する資料として、平成2、4、6、8年度の4回に亘って「最新造船技術要覧」を刊行・配布してきたところ、内外の海事関係者より極めて高い評価を得、特に海外より日本の技術開発の最新動向を理解するために、欠くことのできない優秀な刊行物として定期的・継続的刊行の強い要望をもらっており、今後も日本造船業の技術開発の優秀性をPRするため、1999年版を作成・刊行し、主として海外の海事関係者に配布して、船舶輸出の促進及び国際協調に資することを目的に、本事業を実施した。
(2) 事業の内容
 @ 名  称  「最新造船技術要覧1999年版」
 A 体  裁  A4版カラー印刷本文252頁
 B 部  数  4,000部
 C 掲載内容
   日本造船業の動向と最新技術並びに研究・開発の実情を紹介
   詳細は本組合広報委員会及び造船技術要覧編集部会で検討
  a.総論
   (a) 1996〜7年日本造船業の活動状況
   (b) 技術開発の動向
  b.本文
   (a) 最新鋭の船舶
   (b) 海洋開発関係
   (c) 改造工事
   (d) 新しい航行・操船システム
   (e) エンジン・プロペラ・省エネ機器
   (f) その他
  c.建造・修理施設、メンバーリスト
  d.運輸省/政府関係機関/関連団体の紹介
  e.索引
 D 発行時期  平成11年3月
 E 配布先
  ・海外関係  999部
  (海外海運関係政府機関、海外船主等海事関係者、海外主要ジャーナリスト、(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 SHIPBUILDING AND MARINE ENGINEERING IN JAPAN 1999
「最新造船技術要覧の刊行」の報告書
備考