日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶関係諸基準に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:490位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:15,559
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥224,270,000
助成金額: ¥224,270,000
事業内容 (1) 国際規則に関する調査研究
 船舶の安全確保及び海洋環境等の保護に関して船舶に対する適切な諸基準の策定に資するため、船舶の構造、性能及び設備並びに運航等について調査研究を行い、造船技術の向上に寄与することを目的とするものである。
 平成10年度においては、海上人命安全条約、国際満載喫水線条約、海洋汚染防止条約等に関連するIMO海上安全委員会(MSC)、海洋環境保護委員会(MEPC)及び関連各小委員会等の資料等をもとに検討を行い、わが国の意見及び提案資料を作成するとともに、国内法に取り入れるに際しての問題点、対策等の検討を行った。検討事項の主なものは、次のとおりである。
1) RO/RO旅客船関連SOLAS条約改正案の検討
2) 損傷時復原性規則の調和についての検討
3) 66年国際満載喫水線条約の技術的規則の見直し
4) SOLAS条約第?V章の改正の検討
5) HSCコードの火災安全措置の見直し
6) SOLAS条約第?U−2章規則統一解釈
7) SOLAS条約第?U−2章の総合見直し
8) 燃料管に関する現SOLAS条約第?U−2章第15規則改正案の検討
9) 煙制御の始動及び避難との関連の検討
10) 特殊分類区域毎の定義に関するコメント
11) 火災試験方法コードの検討
12) バルクキャリアの安全に関する事項の検討
13) 操縦性暫定基準の再検討
14) 電子海図装置(ECDIS/ECS)の検討
15) レーダー、ジャイロコンパス及びオートパイロットの性能基準の検討
16) SOLAS条約第?X章改正案の検討
17) VDRに関する技術基準の検討
18) AI(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 研究成果報告会のご案内(東京会場)
研究成果報告会のご案内(大阪・今治会場)
研究成果報告会配布資料「最近のIMOの議論のどうこうについて」
研究成果報告会配布資料「船舶からの大気汚染の防止に関する新議定書について」
研究成果報告会配布資料「IMOにおける復元性関係基準の動向」
研究成果報告会配布資料「船舶構造規則の制定」
研究成果報告会配布資料「旅客船の救命設備関係規則の改正」
研究成果報告会配布資料「船舶のトン数測度の電算化」
パネルディスカッション「ISMコードはどのように船舶の安全に寄与するのか」
「船舶関係諸基準に関する調査研究」の報告書
備考