日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶の高度モニタリングの基礎研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,534位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:2,655
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥48,964,000
助成金額: ¥48,964,000
事業内容 本事業は、波浪中の推進性能や構造応答を長期にわたってモニターする基礎技術を得るとともに、それらのデータを定量的にモニタリングする手法について、実船によりフィールドテストを行い、船舶運航の経済性と安全性の向上を図ることを目的に、3カ年計画の第3年度の研究として、実施した。
(1) モニタリングのコンセプチュアルデザイン
 @ コンセプチュアルデザインの提案
   既存のモニタリングシステムの目的・機能・適用範囲の特徴など船陸衛星通信の現状について調査した。そして、モニタリングシステムに必要な要素技術の検討により、船体を波浪計化する「波浪モニター」、実海域推進性能の自動計測・解析システムである性能「性能モニター」及び実海域構造応答の監視による運航安全性のモニタリングの機能を持つ「構造モニター」から構成される将来型のSR233AMS(SR233 Advanced Monitoring System) を提案した。
(2) 実環境下モニタリング手法の探索的/実験的研究
 @ 波浪情報の仕様とその特定法
   船上解析システムを試作してフィールドテスト船に搭載し、採取されたデータを基に船舶波浪計化法の3解析法(MLM法、Bayes法、Parametoric法)により比較検討するとともに詳細解析を行い、それらの結果を踏まえて簡易型と詳細型の波浪モニター法を検討し提案した。
 A 性能データ自動計測・収録法
   実海域の推進性能を把握する方法を大幅に改良する推進性能データ自動計測・解析機能を持つプロトタイプ性能モニターの改良・開発を行った。
   本シシステムは、船上における一次自動(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 第233研究部会「船舶の高度モニタリングの基礎研究」成果報告書
「船舶の高度モニタリングの基礎研究」の報告書
備考