日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(1月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

舶用工業の国際協調の促進

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,352位 (18,872事業中)
成果物アクセス数:3,496
更新日 : 2019年1月12日

注目度とは?

団体名 日本舶用工業会
団体名ふりがな にほんはくようこうぎょうかい
年度 1998年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥10,155,000
助成金額: ¥10,155,000
事業内容 本事業は、各国の海運造・造船等の関係者に、我が国舶用工業の新技術及び生産技術などを紹介することにより、啓蒙、周知活動等幅広く交流し、もって、開催国及び周辺地域と我が国舶用工業との国際協調の促進に寄与することを目的として実施した。
(1) 名  称  舶用工業の技術セミナー
          (Technical Seminar on New Technologies in the Marine Industry)
(2) 会 期  平成10年6月2日(火)〜3日(水)(2日間)
(3) 開 催 地  ギリシャ共和国アテネ市
(4) 会  場  ディバニ・カラベル・ホテル、「イリソス」ルーム         (Ilisoss Room, Divani Caravel Hotel)
(5) 主 催  社団法人 日本舶用工業会
(6) 協力機関  ジャパン・シップ・センター(Japan Ship Centre)
(7) 講  師
 @ 学識経験講師(2名)
  a.講師名   小林英章氏(石川島播磨重工業?梶@取締役)
    演  題  「もっとシステム思考を!」
    派遣期間  平成10年5月31日〜6月5日(6日間)
  b.講師名   陣内幸児氏(日本郵船?梶@工務グループ計画チーム課長)
    演  題  「機関室の標準化と信頼性」
    派遣期間  平成10年5月31日〜6月6日(7日間)
 A 自主参加業界講師(9名)
   菊地祥夫氏(ダイハツディーゼル?梶@技術第一部設計第一グループ課長)
花岡睦八氏(ナカシマプロペラ?梶@設計課課長代理)
   フィリップ・スティーブンソン氏(?鞄c邊空気機械製作所 シンガポール事務所長)
   片山(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 論文集 1998
アテネにおける舶用工業の技術セミナーの開催報告書
「舶用工業の国際協調の促進」の報告書
備考