日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

地方自治行政等の調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:599位 (20,844事業中)
成果物アクセス数:15,038
更新日 : 2022年10月1日

注目度とは?

団体名 自治研修協会
団体名ふりがな じちけんしゅうきょうかい
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥7,168,000
助成金額: ¥7,168,000
事業内容 (1)地方分権を支える人づくりの効果的な推進方策に関する調査研究
  @ 調査内容
   a.現在各団体で実施している人づくりの効果的な推進方策の抽出
   b.人材育成の成果を職場へフィードバックする制度、方法
   c.人材育成の成果を人事管理で活用する制度、方法
  A 調査方法
   a.調査研究委員会の設置
   b.地方公共団体に対するアンケート調査(都道府県、指定市、人口20万人以上の市、東京23区、各都道府県から人口10万人程度の市1団体、各都道府県から町村1団体)
  B 調査結果の概要
   a.地方、公共団体において地方分権に対応した人づくりへの関心は高いが、厳しい行財政環境から研修のプログラムに職員が受けたい研修を網羅するのは難しい。それを補完する形で自己啓発への補助プログラムなどを導入することで成果をあげている団体は少なくない。
   b.種々の研修、その他のプログラムによる人材育成の成果を職場にフィードバックする制度、方法については、各団体で模索されている。
   c.人材育成の成果を活用するため民間で広く利用されている経歴管理システム等とそれらの本来の目的である人事管理への活用を公共部門へ導入するに際しての留意点、また実施において一層の成果をあげるための諸方策について提言した。
  C 報告書の作成
   a.部   数 A4判 300部
   b.配 布 先 都道府県、指定市、人口15万人以上の市区、研究委員、自治省、地方6団体
(2)地方公務員に対する研修用の事例開発
   (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 地方分権を支える人づくりの効果的な推進方策に関する調査研究?人材育成と連携した人事管理のあり方?
「地域における行政課題の解決手法としての条例」目次
「地方分権時代の行政体制の整備・確立」目次
「中山間地域の資源・特性を生かした地域経営」目次
「介護保険導入を目前にした高齢者福祉」目次
「大規模災害を想定した危機管理体制の整備(改訂版)」目次
「行政とボランティアとの連携(改訂版)」目次
「地方自治行政等の調査研究」の報告書
備考    

  • サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログがスタート!

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION
Copyright(C)The Nippon Foundation

痛みも、希望も、未来も、共に。