日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(12月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

アジア太平洋地域の国際観光交流促進

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:112位 (18,849事業中)
成果物アクセス数:92,396
更新日 : 2018年12月8日

注目度とは?

団体名 アジア太平洋観光交流センター(APTEC)
団体名ふりがな あじあたいへいようかんこうこうりゅうせんたー
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥31,998,000
助成金額: ¥31,998,000
事業内容 (1) 国際観光シンポジウムの開催
 @ 国際観光交流促進シンポジウム
  a.テ ー マ  国際観光交流に於ける地域文化の活用
  b.内   容
 (a)基調講演   「地域文化と国際観光交流」河内厚郎 文化プロデューサー
 (b)事例発表   インドネシア アンディ・マッピ・サメン
           インドネシア観光副大臣・インドネシア観光総局長
           韓国 崔 承淡
           コリア・ツーリズムサーチ・インスティテュート(KTRI)観光政策研究室長・観光学博士
           フィリピン シンシア・C・ラソ
           フィリピン政府観光省 国内観光促進局長
 (c)パネルディスカッション
「国際観光交流に於ける地域文化の活用の道を探る」
    コーディネーター 高田 公理 武庫川女子大学教授
    パネリスト 神崎 宣武 民俗学者
    井野瀬 久美惠  甲南大学文学部教授
    広野 敏生    まちづくりプロデューサー
  c.開 催 日 平成9年5月13日
  d.開催場所 ハイアット・リージェンシー・大阪(大阪市住之江区)
  e.参加人数 198名
  f.報告書の作成、配布
 (a)規   格 A4判71ページ 和英併記
 (b)部   数 1,000部
 (c)配 付 先 地方自治体関係者、観光関係団体等
 A アジアとの新航空路線と観光交流シンポジウム
  a.テ ー マ アジアとの新航空路線と観光交流
  b.内   容
 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「アジアとの新航空路線観光シンポジウム」報告書
「関西国際空港利用の外国人に対するアンケート」報告書
学術研究論文入選論文集
「’97APTEC国際観光交流促進シンポジウム」報告書
「シルクロード地域各国観光情報収集調査 中国(西域)編」報告書
「APTECシルクロードセミナー」報告書
1996年国際観光概観
世界観光統計資料集
「アジア太平洋地域の国際観光交流促進」の報告書
備考