日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(3月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

舶用工業の内航関連事業の環境変化への対応策の調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,803位 (18,942事業中)
成果物アクセス数:539
更新日 : 2019年3月23日

注目度とは?

団体名 日本舶用工業会
団体名ふりがな にほんはくようこうぎょうかい
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥12,233,000
助成金額: ¥12,233,000
事業内容 内航関連舶用機器メーカーが中長期的な視点から的確な経営を行う上での道標となる資料を作成することにより、関連舶用機器メーカーの経営改善に寄与することを目的に次のとおり事業を実施した。
 @ 内航海運業及び漁業を取り巻く事業環境の分析及び将来の見通し
   短期的及び長期的な事業環境の変化及び今後の見通しについて調査し、事業への影響度を分析・定量化する作業を行った。
 A 内航船及び漁船の建造需要及びこれらの船舶向け舶用機器の需要予測
   中・長期的な船種毎の建造需要を予測し、舶用機器の需要を推定する作業を行った。
 B 予測される事業環境変化(需要変動等)が内航関連舶用工業に与える影響の分析
   建造需要の推移によりメーカーが受ける経営上の影響等を解析する作業を行った。
 C 内航関連舶用機器メーカーの課題の抽出、今後の対応策の検討
   @〜Bの調査結果を踏まえ、内航関連舶用機器メーカーの経営上の構造的な問題点を抽出するとともに、予想される事業環境の変化に対応するための課題を抽出し、同課題を克服するための対応策をとりまとめた。
 D 報告書の作成
   次の報告書を作成した。
  @ 事業環境編
   a.規 格:A4版 152頁
   b.内航海運業(近海のフィーダー輸送事業者を含む)及び漁業を取り巻く事業環境の分析及び将来見通しの調査並びに内航船及び漁船の建造需要及びこれらの船舶向け舶用機器の需要の予測を行った。
    イ.内航船建造量の将来見通し
    ロ.近海船建造量の将来見通し
    (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 舶用工業の内航関連事業の環境変化への対応策の調査研究報告書(事業環境編) 目次
舶用工業の内航関連事業の環境変化への対応策の調査研究報告書(舶用対策編) 目次
「舶用工業の内航関連事業の環境変化への対応策の調査研究」の報告書
備考