日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海外における造船・海運動向レポートの作成

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,191位 (19,256事業中)
成果物アクセス数:1,044
更新日 : 2019年8月17日

注目度とは?

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥3,600,000
助成金額: ¥3,600,000
事業内容 新造船需要は回復基調にあるものの、国際競争の激化等により造船市場は依然として厳しい状況にある。建造量の殆どを輸出船で占める斯業としては、今後とも常に海外市場の維持開拓を図り、需要喚起に努める必要がある。
 アジア・大洋州諸国における造船・海運事情等に関する動向の基礎調査を行い、国際強調推進のための基礎資料とすることを目的とし、次の事業を実施した。
@ 調査対象国
  @ アジア地域:21カ国
    アラブ首長国連邦、イラク、イラン、インド、インドネシア、オマーン、クウェート、韓国、サウジアラビア、シンガポール、スリランカ、タイ、中国(含香港)、台湾、トルコ、パキスタン、バングラディッシュ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー
  A 大洋州地域:2カ国及び太平洋諸島(含むパプアニューギニア)
 A 調査研究項目
  @ 一般事情
  A 船舶事情(保有状況、海運事情と保有船主の実態)
  B 造船事情
  C 漁業事情(漁業の実態、漁業開発計画、漁船保有状況)
 B 造船・海運動向レポート作成
  @ 規 格  オフセット印刷(バインダー製本) 約580頁
  A 部 数  150部(うちバインダー製本115部)
 C 配布先
   関係官庁及び団体        10部
   委員配布・海外事務所・商社   40部
   事務局在庫          100部
成果物 「海外における造船・海運動向レポートの作成」の報告書
備考