日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

内航船近代化のための実証試験

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:620位 (19,290事業中)
成果物アクセス数:12,285
更新日 : 2019年10月19日

注目度とは?

団体名 シップ・アンド・オーシャン財団
団体名ふりがな しっぷあんどおーしゃんざいだん
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥28,219,000
助成金額: ¥28,219,000
事業内容 内航船の近代化については、若年船員の不足、船員の労働環境の改善等の問題もあり、これまでにも各種機関において研究及び検討が行われ成果を上げているが、昨今の景気の低迷による内航海運業界を取り巻く環境が厳しいこともあり、これまでの研究の成果が必ずしも実際の船舶へ普及していないのが現状である。
 このため、これまでの内航船の近代化に関する研究成果を十分に踏まえ、ワンマンコントロールを考慮した統合操船システム、快適居住設備、モジュール型機関室とこれに加えて離着桟時の操船性能を向上させるアクチュエータシステムの装備など、画期的な設備を内航船に装備し、その後の運航についての追跡調査を通じ、近代化仕様の内航船についての実証及び評価を行うことにより、今後の内航船の近代化に資することを目的に平成8年度より事業を開始し、本年度は最終年として以下の事業を実施した。
 @ 実施体制
   本事業では、平成8年度に引き続き財団内に委員会を設置し、事業の実施計画等の審議・決定を行い、さらに作業部会を設けて具体的な実施内容についての審議・検討を行った。なお、本事業では実際に建造・運用される船舶を研究対象としているため、作業部会には内航近代化実証船の建造及び運用に関わる関係者を招致した。また、具体的な実船試験計画の策定、設備の有効性、経済性の確認等については、?蒲X船海洋科学に委託して実施した。
 A 実施内容
   平成8年度では、実証試験に使用される船舶(内航近代化実証船)の近代化設備に関する仕様の決定、装備及び性能の確認を行った。本年度では本船 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 内航船近代化のための実証試験事業報告書
「内航船近代化のための実証試験」の報告書
備考