日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

大型油回収装置の整備

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,289位 (19,285事業中)
成果物アクセス数:376
更新日 : 2019年10月12日

注目度とは?

団体名 海上災害防止センター
団体名ふりがな かいじょうさいがいぼうしせんたー
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥320,000,000
助成金額: ¥320,000,000
事業内容 平成9年1月2日にロシア船タンカーナホトカ号による重油流出事故が発生し、海上保安庁の巡視船をはじめとして海上災害防止センター傘下の契約防災措置実施者の作業船等多数の船艇が油防除作業に従事したが、厳しい気象・海象のため海上において十分な油回収ができず、結果的に多量の油が日本海沿岸に漂着し、多大の被害をもたらした。
 これは、これまでの我が国の油防除体制が沿岸ないし内湾を対象としていたため、外洋荒天下で対応可能な資機材や高粘度油に対応可能な資機材の整備が不十分であったことによるところが大きい。
 政府においては、この反省を踏まえて運輸技術審議会に「流出油防除体制総合検討委員会」を設け、我が国の油防除体制の強化について検討を行った。
 そしてその報告において、現今は外洋荒天下においても一定程度有効に機能し、また高粘度油への対応が可能な大型油回収装置が存在することから、今後はそれらの内から有効と認められるものを導入整備する必要性が示されている。
 更に、大型油回収装置の整備に当たっては、海上災害防止センターに配置、整備することを提言している。
 このような状況を踏まえ、現存する資機材のうち最も性能の高い資機材(最大波高2.5m程度まで対応可能)を早急に整備し、外洋、荒天下における防除体制を強化することを目的として次の事業を実施する。
 @ 事業の実施内容
  @ 機器の名称  大型油回収装置の整備
  A 配備場所   門司港(日本サルベージ株式会社保管予定)
  B 性   能  最大波高:2.5m
           曳航(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 事業報告書
「大型油回収装置の整備」の報告書
備考