日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

消防訓練施設の整備

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:999位 (19,305事業中)
成果物アクセス数:6,203
更新日 : 2019年11月16日

注目度とは?

団体名 海上災害防止センター
団体名ふりがな かいじょうさいがいぼうしせんたー
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥479,371,000
助成金額: ¥479,371,000
事業内容 海上災害防止センターは、海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律に基づき昭和51年に設立以来、海上防災の措置の実施に関する民間の中核機関として防災措置の実施、教育訓練、研究開発等の業務を推進する重要な役割を担ってきた。海上災害が発生した場合には海洋環境及び人命財産に極めて深刻な影響を与えることとなり、海上災害による被害の発生を防止することは人類共通の課題であるとともに我が国にとっても国民生活に密着した課題として、積極的に推進されなければならないテーマとなっている。
 このため当センターでは、老朽化した我が国唯一の海上防災訓練施設である消防演習施設をより一層充実した施設に代替整備することにより、タンカー乗組員をはじめ、石油・電力等陸上防災担当者、また我が国と一衣帯水の関係にある周辺関係諸国の研修生に対し、より現実化・高度化した訓練を行うことが可能となり、防災能力を有する人材の育成を図り、国内外における海上災害の防止に寄与することを目的とし、次のとおり事業を実施した。
 @ 施設の名称  消防訓練施設の整備
 A 建築場所   千葉県富津市富津字洲端2433(第二海堡)
 B 面   積  敷地面積          3,563.3?u
         (第二海堡消防訓練施設総敷地面積)
          研修棟1階           140.0?u
           〃 2階           140.0?u
          油 庫 棟            36.0?u
          LPG庫棟       (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 海上災害防止センター「消防訓練施設」チラシ
海上災害防止センター「消防訓練施設」全景図
海上災害防止センター「消防訓練施設」各訓練写真
「消防訓練施設の整備」の報告書
備考