日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海難審判制度100年史の刊行配布

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,048位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:231
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 海難審判・船舶事故調査協会
団体名ふりがな かいなんしんぱんせんぱくじこちょうさきょうかい
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,800,000
助成金額: ¥4,800,000
事業内容 我が国の海難審判制度は、明治30年7月に施行された海員懲戒法に基づき始まって以来、昭和22年11月に公布された海難審判法に引き継がれ、平成9年をもって100周年を迎えるが、その間の歩みを編集、刊行して、海事官公庁、団体、教育・研究機関等に配布し、海難審判の海難防止にはたす役割をより一層理解させるために以下の事業を実施した。
 @ 年史
  @ 題 名 海難審判制度100年史
  A 規 格 上製本、箱入、表紙金箔押、オフセット、A4版、890ページ
  B 部 数 500部
  C 内 容 海難審判制度の起源、海難審判制度の変遷、100年間に起こった重大海難事件の実態及び原因、海難審判と裁判
  D 配布先 海事関係団体・教育機関、図書館、海難審判庁
 A 委員会及び小委員会の開催
   ◎ 委員会 4回
        検討内容 100年史のスケルトン検討
             第1編の原稿作成
             第2編原稿、第3編資料の作成
             最終案作成
   ◎ 小委員会 4回
        検討内容 第1編原稿の検討
             第1編原稿の再検討
             第2編原稿、第3編資料の検討、修正
             第2編原稿、第3編資料の再検討、修正
成果物 「海難審判制度100年史の刊行配布」の報告書
備考