日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

プレジャーボート・小型船用港湾案内の作成

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:96位 (19,290事業中)
成果物アクセス数:109,784
更新日 : 2019年10月19日

注目度とは?

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,671,000
助成金額: ¥8,671,000
事業内容 最近のプレジャーボートの普及は著しいものがあり、それに伴ってプレジャーボートの海難も増加の傾向にある。
 また、最近、地方公共団体の海洋レクリエーションに対する取組、漁業と海洋レクリエーションの関係等プレジャーボートを取り巻く環境が大きく変化していること等により、これらの現状に対応して内容の一層充実した水路参考書誌の刊行が強く望まれている。
 これに対応するため平成6年度か新たに「プレジャーボート・小型船用港湾案内」を作成し、国民の健全な海洋レジャー活動の振興に資するとともにプレジャーボート等の海難防止に寄与することを目的として以下の事業を実施した。
 @ 打ち合わせ会
   官関係者と当協会関係者により、掲載する港湾、水道、マリーナ等及び記載内容等について検討し、編集基本計画を策定した。さらに、対象海域内で活動するプレジャーボート、小型船関係者等の多い博多地区及び塩釜地区において関係者の参集を得て、記載内容等についての地域的な特徴等具体的事項についての意見、要望を聴取した。
 A 資料調査
   前記編集基本計画を踏まえ、具体的な掲載内容を検討するため次の資料について調査した。
   海上保安庁刊行水路図誌、海上保安庁所管編集資料、地方自治体所管資料、マリーナの詳細資料
 B 現地調査
   前記資料調査で不十分な、又は確認を要する事項について、次のとおり現地調査を実施した。
  @ 調査項目
    図載の港湾・漁港の入港・避泊方法、障害物、顕著目標の現状、マリーナの位置及び施設の現状等
  A 調査場所(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 プレジャーボート・小型船用港湾案内(本州北岸・東岸)
プレジャーボート・小型船用港湾案内(九州北西岸)
「プレジャーボート・小型船用港湾案内の作成」の報告書
備考