日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

波浪中の船体構造の安全性評価の研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,964位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:482
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1997年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥39,530,000
助成金額: ¥39,530,000
事業内容 本研究は、不規則な気象・海象中を航行する船舶が一生に遭遇するさまざまな荷重条件を正確に推定し、構造設計のための合理的な設計荷重を設定して、波浪中の船体構造応答計算法と寿命予測法を確立し、船体構造の安全性評価の向上を目指すことを目的とするもので、本年度はその3ヵ年計画の第2年度として、下記の事項について研究を実施した。
 @ 波浪荷重条件の設定
  a.波浪荷重推定法の検討
    各種の波浪変動荷重や船体運動推定法について、その特徴と適用限界を明らかにするとともに、液体・粒状貨物の内圧変動圧を組み合わせて、荷重推定精度向上を図った。
  b.実海域における波浪条件と船体応答の分析
    実船計測データについて、改良ストリップ法による解析結果と比較検討して、波浪条件と船体応答の相関や船体応答推定法の妥当性の検討を行った。
 A 構造応答解析法の提案
  a.構造応答解析値と実船計測データの比較
    離散化解析法による構造応答解析のシナリオを検討するとともに、試解析を行って、計算値と実船計測データを比較検討し、構造応答の簡易解析手法の検討を行った。
  b.荷重の取り扱いが構造応答に及ぼす影響調査

    実船計測供試船及び本研究のための供試船を対象にして、1ホールド及び3ホールドモデルによる構造応答解析を行って、各種パラメータが構造応答に及ぼす影響度を検討した。
 B 構造安全性評価法の提案
  a.荷重・構造応答推定法の提案
    上記@、Aの検討をもとに、疲労強度や座屈・崩壊強度を評価するための (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「波浪中の船体構造の安全性評価の研究」の報告書
備考