日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

民間航空の発展に関する調査及び資料作成

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:205位 (19,290事業中)
成果物アクセス数:49,301
更新日 : 2019年10月19日

注目度とは?

団体名 航空振興財団
団体名ふりがな こうくうしんこうざいだん
年度 1996年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥12,050,000
助成金額: ¥12,050,000
事業内容 (1) 航空法の英訳
  当財団が昭和61年に作成した我が国航空法及び関連法規の英訳版が、その後の頻繁な法改正により説明資料として不適切なものになってきたので、本事業において単年度により改訂を行った。
  報告書B5版1,000部(2国間航空交渉会議、ICAO会議等で使用)
(2) 英文パンフレット「CIVIL AVIATION IN JAPAN 1996」の作成
  我が国の民間航空の現状を海外に紹介し、理解を深めるため国際会議等で配布する英文パンフレットの1996年版を600部作成した。
(3) ヘリコプターによる計器飛行方式等に関する調査研究
  我が国は1000機に及ぶヘリコプターを保有しているが、これらを貨客輸送に有効に活用し、また震災等の非常時における俊敏な活躍を期待するためには、計器飛行方式等による運行の積極的な適用を図る必要がある。
  本事業においては、本年度単年度により、ヘリコプターが同方式を適用するに際しての問題点を調査し、これに対する解決策の検討を行った。報告書100部(航空局50部、その他50部)


成果物 CIVIL AERONAUTICS LAW CABINET ORDER RELATING TO THE ENFORCEMENT OF CIVIL AERONAUTICS LAW
平成8年度 ヘリコプターによる計器飛行方式等に関する研究報告書
「民間航空の発展に関する調査及び資料作成」の報告書
備考