日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船舶・海洋情報ネットワークの構築

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,504位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:94
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本船舶海洋工学会
団体名ふりがな にほんせんぱくかいようこうがくかい
年度 1996年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,573,000
助成金額: ¥5,573,000
事業内容 (1) 実行委員会の開催
  実行委員会(委員会 野本敏治東京大学教授・日本造船学会理事、実行委員9名)を発足させ、実行委員会を5回開催し、本事業で実施する項目、内容、手法等の検討を行った。
(2) インターネット・サーバー・システムの構築
  日本造船学会のインターネット・サーパー・システムを東京大学に設置した。このサーバー・システムに学会ホームページの開設、電子メールなどの情報サービスに必要な環境を整備した。
 @ 学会ホームページの開設
   学会ホームページを開設し、試験運用を開始した。11月14日〜15日広島で開催された造船3学会連合大会に紹介し、その後も内容の充実のための作業を継続しており、正式公開時間を検討中である。
 A メイリング・リスト・システムの設定
   学会における各種委員会等の連絡業務を効率化するために委員会メンバー間のメイリング・サービスを支援するメイリング・リストを設定し、運用に供している。既に幾つかの委員会が利用しており、連絡・討議等の省力化に貢献している。
(3) 学会情報データベース・システムの構築
  日本造船学会事務局に吹く数台の計算機を購入し、ネットワークを構築する等して情報処理インフラの整備を行った。
 @ 主な購入機器
  ・パーソナル・コンピューター5台
  ・プリンタ3台
   購入した機器は全てネットワークによって結線されており、コンピューター間のファイル共有が可能となっている。
 A 事務局との接続
   事務局内に設置したネットワークと東京大学に設置したサーバ (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「船舶・海洋情報ネットワークの構築」の報告書
備考