日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(1月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

補修部品の管理体制に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,286位 (18,872事業中)
成果物アクセス数:3,845
更新日 : 2019年1月12日

注目度とは?

団体名 日本舶用工業会
団体名ふりがな にほんはくようこうぎょうかい
年度 1996年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥2,270,000
助成金額: ¥2,270,000
事業内容 (1) 委員長(1名)、副委員長(3名)、委員(15名)からなる委員会を設置した。
(2) 三菱重工業?鰍ノて委員会及び工場見学を行った。
(3) ロイド統計の1993年に於ける世界の船舶の船齢構成を以下の項目で取りまとめた。
 @ 船種別(8種類)の隻数ベース(対象は100GT以上)
 A トン数別(8種類)の隻数ベース(対象は100GT以上で漁船、客船は除く)
(4) 「日本海運集会所発行:内航船舶明細書1995」版記載の全船舶(100GT以上の鋼船を対象)5,170隻のうち、船齢5〜14年の全船舶2,172隻から無作為に200隻を抽出して取りまとめた。
(5) 舶用機関メーカーの顧客リストから抽出した船齢5〜14年の漁船207隻を対象に取りまとめた。
(6) 舶用機関メーカーの顧客リストから抽出した234社を取りまとめた。
(7) 補修用部品の管理体制に関する調査報告書を取りまとめた。
(8) ディーゼル機関の安全使用するための内容について検討し、ハンドブックを作成した。ワーキンググループで現在検討しているが、最終的にユーザー、運輸省及び公正取引委員会に説明をし、了解を得る必要があるので、今回のガイドブックには盛り込まず、PL表示の説明やアフターサービス上の問題の多い保守点検などについてのみ記載した。
(9) 報告書作成
 @ 補修部品の管理体制に関する調査研究報告書
  a.規 格   A4版 オフセット印刷 64頁
  b.部 数   300部
 A ディーゼル機関のハンドブック
  a.規 格   A4版 カラー印刷 38頁
  b.部数   5,000部
成果物 ディーゼル機関ハンドブック
「補修部品の管理体制に関する調査研究」の報告書
備考