日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海洋データ研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:1,911位 (19,290事業中)
成果物アクセス数:1,445
更新日 : 2019年10月19日

注目度とは?

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 1996年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥9,214,000
助成金額: ¥9,214,000
事業内容 (1) 海洋データ研究シンポジウムの開催
  シンポジウムは平成8年11月6日、7日の2日間にわたり海上保安庁水路部会議室に於いて、講演者10名(内外国人5名)により実施した。各講演とも海洋データの重要性と研究者当が必要とする付加価値のついた海洋データの必要性が強調された。シンポジウムの内容の詳細については、「海洋データ研究」国際シンポジウム報告書に報告されている。
  シンポジウムの出席者は、延170名に達し盛会であった。

(2) 海洋データ・情報に対するニーズと提供方策に関する調査
 @ アンケート調査は関係機関に150通配布し、約68%の回答を得た。

 A ヒアリング調査は海洋調査関係の研究機関等13カ所について実施した。

 B 外国動向調査は、諸外国の国立海洋データセンター10カ所の所長あて電子メールを送付し、回答を得ている。
   
  以上の調査結果により、海洋データ・情報ニーズ内容について解析・整理を行った。

(3) 海洋データ提供方策の概念設計
  (1)、(2)の結果及び成果を踏まえ
 @ 海洋における現状と未来
 A 海洋情報の重要性
 B 海洋データ・情報の管理と流通の改善
  以上について、海洋データ提供方策の概念設計を行い報告書を取りまとめた。
成果物 海洋データ研究報告書
「海洋データ研究」の報告書
備考