日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

体験航海の実施

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:286位 (19,290事業中)
成果物アクセス数:33,354
更新日 : 2019年10月19日

注目度とは?

団体名 ブルーシー・アンド・グリーンランド財団
団体名ふりがな ぶるーしーあんどぐりーんらんどざいだん
年度 1996年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥161,658,000
助成金額: ¥161,658,000
事業内容 全国の青少年を対象に、寄港地を海外と国内に区別し、大型船で航海させ、海と船に係わる学科や実技を実施し、海に関する理解を深めるとともに、豊かな人間形成に寄与するために、@海外体験航海及びA国内体験航海を実施した。
 海外体験航海では、海を通じて、より効果的な国際交流を図るため、在日インターナショナルの在学生を招待し、言葉・習慣・考え方に触れされた。
 国内体験航海では、海外での運用要領等を踏まえて、より効果的な運用手順で実施した。
(1) 体験航海の実施
 @ 名 称   平成8年度 第19回 海外体験航海〔少年の船〕
  a.内 容   全国の中学生及び高校生の男女及びインターナショナルスクールの青少年を対象に、大型船で航海し、洋上研修(海、船、海洋環境保全、手旗、結索、レクリエーション等)や寄港地での海洋性レクリエーション(小型ヨット、カヌー、ボート、セールボート、水泳等)を実施。また寄港地では、グアムの青少年とスポーツ交流会を実施し、その後、船上で交歓会をした。
  b.寄港地   グアム・サイパン
  c.使用船   ふじ丸(約2万3千トンクラス)
  d.行 程   グループAについては、東京に集合、船で晴海港を出発し、サイパン、次にグアム、そして飛行機で成田に帰国・解散。
         グループBについては、東京に集合、飛行機で成田を出発し、グアムに到着し、船でサイパン、そして東京・晴海港に帰国・解散。
  e.期 間   1,012名(A・Bグループ)
         内訳:グループAは、502名
            (内(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 平成8年度国内体験航海B&G「少年の船」しおり
平成8年度第19回海外体験航海B&G「少年の船」しおり
平成8年度第19回海外体験航海B&G「少年の船Aグループ」アルバム
平成8年度第19回海外体験航海B&G「少年の船Bグループ」アルバム
「体験航海の実施」の報告書
備考