日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(5月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

軽量化中型高速フェリーの調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,814位 (19,167事業中)
成果物アクセス数:535
更新日 : 2019年5月18日

注目度とは?

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 1996年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥23,473,000
助成金額: ¥23,473,000
事業内容 (1) 高速船の調査
 @ 高速船の調査
   就航している高速船の仕様、配置、要目等を調査し、現状の高速船の能力を明らかにした。
 A 高速船及び物流の実態調査
   高速船の設備、運行状況、乗心地、騒音等について実態を調査した。調査航路は3航路(八幡浜〜臼杵、博多〜巌原、大阪〜徳島航路)。
   また、併せてカーフェリー及びRO−RO貨物の物流の現状等を調査した。調査区は北海道及び九州地区。
(2) 軽量化中型高速フェリーの基本設計
  高速船の調査結果を基に主要目を決定し、基本設計を行い、高速船コードを適用し、またPL法を考慮し、併せて採算性計算を行った軽量化中型高速フェリーの基本設計を作成した。
(3) 軽量化中型高速フェリーの船型開発
 @ 回流水槽試験
   数値理論計算により模型船線図を作成し、抵抗試験、船尾改良抵抗試験、船側波形、最適トリム抵抗試験、ビデオ観察の回流水槽試験を行った。
 A 曳航水槽試験
   回流水槽試験船型のうち1隻について抵抗試験、船側波形、インテーク付近の流場計測の曳航水槽試験を行った。
 B 船型開発推進指導
   船型開発委員会の決定に基づき、船型開発の手法及び考え方の普及のための指導を旭洋造船?鰍ノて行った。
(4) 軽量化中型高速フェリーの耐航性能
  波浪中抵抗増加及び船体動揺応答理論計算を行った。
成果物 軽量化中型高速フェリーの調査研究事業報告書
「軽量化中型高速フェリーの調査研究」の報告書
備考