日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

水平ドプラ式流況分布測定装置の研究開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:7,454位 (19,233事業中)
成果物アクセス数:75
更新日 : 2019年7月20日

注目度とは?

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 1995年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥6,064,000
助成金額: ¥6,064,000
事業内容 (1)総合調整・試験
 総合調整については、前年度までに試作の信号処理器(前置増幅器を含む)、制御表示器、外部記憶装置及び送受波器を接続し、試験水槽と疑似信号とを用い設計通りの作動ができるよう総合的に調整を行った。
 また試験については、送信出力、受信入出力、受信周波数特性、送受信信号の波形、振幅等の制御・変換及び演算処理・表示動作と外部記憶装置についての記憶・読み出し動作状況等の試験により動作確認を行った。
(2)海域実験
 (株)日本無線担当者による、9月実施の事前調査結果で決定した第四港湾建設局下関港工事事務所所管の建設中の岸壁を借用し、下記のように海域実験を実施した。
 委員長、委員及び協会担当者の立会のもと、同岸壁前面の水深約5mに設置した送受波器から、関門海峡の航路筋に向けて水平方向的500m、中心方向から左右に30度の扇形状の対象海域に超音波信号を発射し、流れの影響をドプラ効果として受けた受信信号を処理し、西流最強特約6ノット、東流最強特約4ノット及び転流特約1ノットの流況の観測・記録に成功した。多量の取得データと、第七管区海上保安本部の協力による流況比較データとともに整理・解析及び結果の評価を行った。
(3)報告書の作成
 3年間にわたる本研究開発事業全般の概要及び経緯、装置の基本・詳細設計及び試作、調整・試験、海域実験、取得した観測データ及び関連資料の整理・解析及び評価・今後の課題等を取りまとめて200部作成した。
成果物 「水平ドプラ式流況分布測定装置の研究開発」の報告書
備考