日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(1月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

健康教育の啓蒙普及並びに調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,355位 (18,336事業中)
成果物アクセス数:330
更新日 : 2018年1月13日

注目度とは?

団体名 ライフ・プランニング・センター
団体名ふりがな らいふ ぷらんにんぐ せんたー
年度 1995年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥15,000,000
助成金額: ¥15,000,000
事業内容 (1)展示貸出事業の整備
@ 整備内容
・健康教育図書          61部
・展示用パネル           3組
・教育用ビデオ         9組8巻
・ビデオ生テープ(録音用)    30本
・録音テープ(記録用)     170本
・8ミリ生テープ(記録用)    18本
A 整備場所  健康教育サービスセンター
(2)教育用パンフレットの作成
@ 名  称  生活医学シリーズ
A 規  格  A4版・3ツ折・オフセット2色
B 部  数  5種類・14,000部
C 内容(タイトル)
・お腹を切らない肝・胆の手術(櫻井健司・聖路加国際病院外科部長)
・骨粗鬆症といわれた人に(陳瑞東・癌研究会付属病院婦人科医長)
・家庭看護のコツ−からだの向きを変える(紅林みつ子・訪問看護婦)
・“乳がんかしら”と思ったら(阿部令彦・聖路加国際病院乳がんクリニク)
・糖尿病−早期発見と予防・治療に役立つ自己管理のしかた(池田義雄・東京慈恵会医科大学健康管理科教授)
D 利用方法  会員に配布すると共に、授業で教材として利用する。
(3)教育用小冊子の作成
@ 名  称  ライフサイエンスシリーズ
A 規  格  A5版・オフセット・表紙2色
B 部  数  5種類・各940部
C 内容(タイトル)
・POSの評価とこれらの方向(日野原重明・当財団理事長)
・危機状況にある患者の理解とナースのかかわり方(小島操子・聖路加看護大学部長・教授)
・解明された胃・十二指腸潰瘍とバリコパクター・ピロリ (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「健康教育の啓蒙普及並びに調査研究」の報告書
備考