日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

残留応力の計測法・推定法の研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,289位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:948
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1995年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥36,551,000
助成金額: ¥36,551,000
事業内容 (1)残留応力の実用的計測法及び推定法の研究
@ 実用的な溶接残留応力の計測法の研究
 X線残留応力計測装置で立向き面の計測を能率よく行うための治具を改良・試作し、その性能テストを行い、実用の可能性について検証した。
A 溶接残留応力の推定法の研究
 残留応力の推定計算解析プログラムの改良を行い、同プログラムにより簡易シミュレーション手法の確立、並びに隅肉溶接部、突合せ溶接部の熱弾塑性解析を行って、溶接残留応力生成源の算定法を検討した。
B 工作法
 船体構造の工作法に関する調査結果等に基づき問題点を整理し、代表的な工作法の残留応力生成シミュレーション解析および模型試験を行って、工作法による残留応力の定量化手法について検討した。
(2)模型試験
@ 小型試験片による試験
小型試験片による残留応力計測および解析を行って、シミュレーション手法の検証、計測法の妥当性、溶接順序・工作法の影響について検討した。
A 大型構造モデル試験体による試験
大型構造モデルによる計測試験を実施し、計測法の構造モデルへの適用性、工作法の影響について検討を行った。
(3)実際の船体構造における残留応力に関する研究
@ 実船での残留応力の把握
コンテナ船で残留応力の計測を行い、計測法の妥当性の確認と計測データの解析を行った。
A 実船での残留応力の推定
解析モデルを用いて、計測データとシミュレーション計算結果と比較検討し、実船の残留応力の推定法について検討した。
成果物 「残留応力の計測法・推定法の研究」の報告書
備考