日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

大型肥大船船尾流場推定法の高度化

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,796位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:267
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1995年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥33,912,000
助成金額: ¥33,912,000
事業内容 (1)大型肥大船船尾流場推定法の高度化研究
@ 粘性流場計算法の改良・開発
 従来使用されていた一般の乱流モデルは極めて薄い境界層の計算には適用できるが、船体周りのような3次元性の高い局面では不十分であり、船体周りの流場を正しく表さない。このため、船体特に船尾付近の粘性流場を正確に表現できるように、幾つかの数学的な乱流モデルについて改良を行い、乱流変数を増した高次モデルの導入、流れの圧力勾配の修正、境界層計算の高度化等を図った。改良した乱流モデルの応用方法は単に船体抵抗そのものを求めるだけでなく、自航状態においてはプロペラより発生する流れの干渉影響が生じるため、プロペラ理論と乱流モデルとを結合する必要がある。このため、簡易プロペラモデルと複雑な揚力面理論モデルとについて乱流モデルと組み合わせた改良を行った。また、次項の自由表面流れの検証用として、船体周囲に生じる波紋の計測等を実施し、乱流モデルの改良に役立てた。
A 自由表面流れの計算法の改良・開発
 乱流モデルの適用においては、船舶に特有の自由表面に生じる波や船首部で生じる磁波を表現できなければならず、さらに喫水変化に対しても計算が可能でなければならない。このような問題に対処できる数学モデルを構築するためには、静止水面より上方にまで計算できるように、次項でも述べる計算格子の生成法も含めて検討することとなる。本研究ではこれらの問題を検討し、かなりの精度で自由表面流れの計算が可能となった。
B 船体形状表現法の研究
 乱流モデルの計算においては、計算の収束性がよく、精度が高(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「大型肥大船船尾流場推定法の高度化」の報告書
備考