日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(6月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海難審判扶助

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:7,840位 (19,198事業中)
成果物アクセス数:68
更新日 : 2019年6月8日

注目度とは?

団体名 海難審判・船舶事故調査協会
団体名ふりがな かいなんしんぱんせんぱくじこちょうさきょうかい
年度 1994年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥7,100,000
助成金額: ¥7,100,000
事業内容 海難審判に付された受審人及び指定海難関係人のうち資力に乏しく海事補佐人を依頼できない者に対して、補佐人を推薦し、扶助に要する審判費用等経費の全部又は一部を扶助した。
 各地方支部では、扶助申出者の生活程度、収入及び事件の内容等を調査のうえ、本会に送付される。
 本会では、各支部から送付された扶助申出について、会長が委嘱した有識者で構成する審判扶助審査委員会において更に審査のうえ扶助するかどうかを決定し、本年度において合計84件を扶助決定した。
 申出件数、決定件数及び決定金額等は添付資料のとおりである。
(1) 扶助決定の内容
@ 扶助事件
a. 船舶間衝突事件で、海難原因が複雑なもの           63件
b. 乗場、沈没、機関損傷等の単独事件で、海難原因が複雑なもの  16件
c. 死傷事件であって、海難原因が複雑なもの            5件
A 扶助を受けた者                         85名
(2) 扶助の方法
 毎月開催する審判扶助審査委員会において
@ 扶助に要する費用及び報酬の額を決定した。
A 申出者が、返還すべき負担金を減免した。
(3) 扶助の基準及び手続は、別に定めるところによった。
成果物 「海難審判扶助」の報告書
備考