日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(2月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,033位 (18,920事業中)
成果物アクセス数:229
更新日 : 2019年2月16日

注目度とは?

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 1994年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥34,748,000
助成金額: ¥34,748,000
事業内容 (1) 海難防止キャンペーン
 海事関係者を始めとし、広く一般市民の海難防止について関心を高め、理解を深めるため、海上保安庁、海上保安協会の協力を得ながら、関係団体の協賛を得て、官民一体となった海難防止キャンペーンを次のとおり実施した。
@ 海難防止のつどい
 第5回「海難防止のつどい」に関連して、協賛団体に対し、開催に対する協力依頼を行うとともに、広報用チラシ、海事新聞、区のお知らせ等を利用して広く一般にも参加を呼びかけ、対象者別に、2会場で開催した。
 第一会場の「日本海運倶楽部」においては、主に海事関係者を対象として、ポスター及びキャッチコピーの入選者の表彰式、並びに講演会を行い、300人以上の参加者があった。
 一方、主に一般市民を対象として、巡視船「やしま」による体験航海を行い、引き続いて第二会場の「船の科学館」において、ポスター及びキャッチコピーの入選作品の発表、アトラクション、演奏会を行い、約600名の参加者があった。
開催月日 平成6年7月27日
開催場所 第一会場(日本海運倶楽部) 第二会場(船の科学館)
参加人員 315名 576名
実施内容 (a) ポスター・標語の発表と表彰式
(b) 講演
イ. テーマ:「私と海」
ロ. 講演者:著名人2名
(c) 海上保安庁音楽隊による演奏会 (a) ポスター・標語の発表
(b) アトラクション
・マジックショー
(c) 海上保安庁音楽隊による演奏会
配布物 (a) 海難防止用パンフレット
(b) 強調運動テレフォンカード
(c) その他 (a) 海難防止用パンフレット
(b) 強調運動テレフォンカード
(c) その他

A 「海と (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝」の報告書
備考