日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(11月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

第5回テクノ・オーシャン'94国際シンポジウムの開催

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,093位 (19,305事業中)
成果物アクセス数:107
更新日 : 2019年11月16日

注目度とは?

団体名 国際海洋科学技術協会
団体名ふりがな こくさいかいようかがくぎじゅつきょうかい
年度 1994年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥5,200,000
助成金額: ¥5,200,000
事業内容 (1) 学術委員会
シンポジウム論文(アブストラクト)の募集
応募論文(アブストラクト)の査読検査
本論文の正式採用
正体講演者の選定・交渉及び招待
各セッションの編成(座長の選定、決定を含む)
開催プログラムの作成
(2) 招待講演者の招待
国内招待者  3名
海外招待者  6名
(3) 印刷
1stプログラムの作成・印刷
ファイナル・アナウンスメントの作成・印刷
論文集の編集・印刷
論文集ケースの作成
(4) 論文発表
@ 会場:神戸国際展示場2号館(神戸ポートアイランド)
神戸市中央区港島中町6-11-1
A 発表論文:招待講演 9編(国外×6名、国内×3名)
テクニカルセッション 165編
B 招待講演
a. Coastal Zone Management in U.S.A.
0rvil T.Magoon(Chairman of Coastal Zone Management)
b. The Japan Sea Dynamics Inferred from NOAA AVHRR Infrared Images
Alexander Ostrovskii(九州大学)
c. Current and Future Directions in Very Large Floating Structure Resoarch and Development
R. Cengiz Ertekin(University of Hawaii at Manoa)
d. Hunt the Deep Sea Microorganism-Development of the Instruments to Collect and Cultivate the Deep Sea Microorganism-
許  正憲(海洋科学技術センター)
e. Planning of Off-Shore Artificial Islands Opposite the Mediterranean Coast of Israel
Gedaliah Shelef(Israel Institute of Technology)
f. Department of Naval Architecture and Ocean Engineering Shanghai Jiao Tong University and her Research Projects
劉  鷹中(上海交通大学)(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「第5回テクノ・オーシャン'94国際シンポジウムの開催」の報告書
備考