日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ばら積貨物船の合理的な船体構造の調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,796位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:550
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1994年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥29,890,000
助成金額: ¥29,890,000
事業内容 (1) ばら積貨物船の実績調査・研究
@ 主要構造部様式の整理
 船型をハンディタイプ、パナマックス型、ケープライズに大別し、それらの主要構造部毎にその構造様式についてアンケート調査を行い、整理、分析を行った。
A 損傷実績の調査
 主要部構造の損傷事例を調査し、整理、分類した。
B 構造解析法・損傷解析法及び評価方法の調査
 現行解析法での荷重の考え方、解析モデル、メッシュ、応力、変位、ソルバー等について調査し整理した。また船級による相違点も比較整理した。
C 保守点検・節分間題の調査
 構造部位に対応し保守点検サイクル、保守点検の方法・手段/部材数・溶接長等の調査を行った。
(2) 構造・強度評価基準の研究
@ 構造比較と比較計算の方向付け
 構造解析法における座屈許容設計法、変動荷重計算法について検討し、試解析を行った。
成果物 「ばら積貨物船の合理的な船体構造の調査研究」の報告書
備考