日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

バラストタンクの腐食疲労に関する研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,216位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:1,018
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1994年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥43,669,000
助成金額: ¥43,669,000
事業内容 (1) 小型試験片を用いた腐食疲労試験による各種要因の把握
@ 腐食疲労データの調査
 昨年度調査結果に加え溶接継手の海水中腐食疲労データを補強し、データベース化を行った。
A 標準条件下の腐食疲労特性の実験的検討
 TMCP鋼の平滑試験片により、標準条件下の疲労試験を行い、S-N線図を作成した。
B 環境因子の影響の実験的検討
 平滑試験片により乾湿繰返し条件及び人工海水中の酸素濃度と温度条件の腐食疲労特性への影響について試験を行った。
C 防食下の腐食疲労特性の実験的検討
 バラストタンクの塗装、電気防食の劣化状態を再現する試験を行った。
D メカニズム及び加速試験法の検討
 腐食疲労のメカニズム解明のための加速試験法を確立するため試験を行った。
E その他の因子の影響の検討
 変動荷重因子、初期腐食因子、及び原油環境因子の影響を解明するための試験を実施した。
(2) 構造モデルを用いた腐食疲労試験
@ 中型試験片による腐食疲労試験
 構造モデル試験体により海水バラスト環境下での腐食疲労試験を行い、小型試験結果との対応について検討した。
(3) 環境模擬試験法に関する研究
@ 加速試験法の検討
 各種加速試験法について追加調査を行い、実環境を模擬した加速試験法をまとめた。
A 防食劣化状態に関し実環境を模擬する方法の検討
 防食劣化の実環境を再現するための要因分析を行い、環境の模擬試験法を立案した。
(4) 実船調査
 バラストタンクの腐食状況の実船調査要領について検討し、2船について実船調査を実施した。
成果物 「バラストタンクの腐食疲労に関する研究」の報告書
備考