日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

水平ドプラ式流況分布測定装置の研究開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,384位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:97
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 1993年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥8,957,000
助成金額: ¥8,957,000
事業内容 (1) 基本設計
 装置に対する要求仕様から性能及び機能を検討・整理し、測定原理式、測定精度(分解能及び誤差)の定義付けを明確にするとともに以下の仕様による基本設計を行った。
@ 送信周波数:140khz
A 測定距離 :最大350m
B 測定方向 :水平方向60°
C 測定点数 :最大150点
D 測定範囲 :流速0〜15kn/流向0°〜360°
E 分解能  :流速0.01kn/流向1°
F 電源   :100v±10%
G 機器構成及び要目: 送受信器、信号処理器、制御表示器、送受波器の構成とし、それぞれの方式、信号形式、回路構成、筐体構造・外形寸法を決定した。
(2) 送受波器の試作及び特性把握
 基本設計に従い、送受波器の指向特性、外形寸法及び重量を決定し、試作を行った。特性については、シミュレーション及び試験水槽での測定とにより把握し、結果を整理解析した。製造上必要とする補強材等の構造から来る原因でやや設計値よりもサイドロープが多い特性となったが、実用上は問題は無いとの結論を得た。
 主要諸元は次のとおりである。
@ 素子数 :垂直方向114個 水平方向48個
A 外形寸法:380×855mm
B 重量(支持金具を含む):97kg
成果物 「水平ドプラ式流況分布測定装置の研究開発」の報告書
備考