日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

大型肥大船船尾流場推定法の高度化

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,002位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:236
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1993年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥37,297,000
助成金額: ¥37,297,000
事業内容 (1) 大型肥大船船尾流場推定法の高度化研究
@ 粘性流場計算法の改良・開発
 現在主に使用されている幾つかの乱流モデルについて、その特性や利用可能な範囲、使用上の問題点等を検討した。このため、乱流に対する考え方の発展やそのモデル化の歴史的経緯を含めて調査検討を行い、本研究の条件と特に関係が深い3次元境界層の計算法の改良と開発を行い、SR 196 C船型の流場計測の結果と比較してモデルの有効性等を調査した。
A 自由表面流れの計算法の改良・開発
 粘性流場の計算においては、海面に発生する自由表面の流れや砕け波の扱いが大きな問題となる。このため、2種類の計算コードについて自由表面を考慮した改良・開発を行い、砕波現象を特に強調した船型を用いて流場計測の実験を行い、その現象を説明できるように計算法を検討した。また、複合格子を用いた計算スキームにより計算を実施して実験結果との比較検討を行い、その効果と解像度や計算時間の関連性等を確認した。
B 船体形状表現法の研究
 流場の推定計算のためには、複雑な船尾形状の計算に適した方法で船体形状を表現する方法が重要となる。このため、複数の種類の格子を重ねるマルチブロック法のプログラム化について検討を行い、この格子生成法の適用性を検討するため、船尾舵部への流入流場について検討を加えた。
(2) 大型肥大船船尾流場の実用的計算法研究
@ 船尾流場推定法の適応性検討
 現在の時点で利用可能と想定される2種類の流場推定法(NICE法、WISDAM法)を取り上げ、格子設定等の条件をパラメトリックに変化させたシリーズ計算を実施して最(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「大型肥大船船尾流場推定法の高度化」の報告書
備考