日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

先端的生産技術の導入促進に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,332位 (19,233事業中)
成果物アクセス数:199
更新日 : 2019年7月20日

注目度とは?

団体名 日本舶用工業会
団体名ふりがな にほんはくようこうぎょうかい
年度 1993年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,646,000
助成金額: ¥4,646,000
事業内容 @ 生産工場の現状調査
a. すでに人と機械との調和がすすめられている、東陶機器小倉工場、トヨタ自動車九州宮田工場を訪問し、生産の実態調査及び人と機械との役分担等について、取材調査を行った。
b. 委員会メンバーにより、欧州企業(ヴァルチラ(中形エンジン)、MTU(高速エンジン)、ハムワージ(ポンプ、コンプレッサー)、シーメンス(制御装置)等)を訪問し、生産工場の実態の見学、及び人と機械とのかかわり等についての調査を行った。
c. ケーススタディ対象工場(ダイハツディーゼル守山工場)に拾いて、POP(生産時点情報管理)システムによるデータを基にした人と機械とのかかわりについて検討した。
A 自動化生産システムの意識調査
 舶用工業(239社)及び他産業(138社)に対し、「自動化の推進状況・問題点」「人と機械とのかかわり」等についてのアンケート調査を行い、142社(舶用工業80社、他産業62社)から回答があった。
B 舶用工業における自動化推進上の問題点
 上記の現状調査ならびにアンケート調査結果等から舶用工業における自動化の姿、問題点等の抽出を行った。
C とりまとめ
 般用工業における先端的生産技術の導入策、運用上の問題点、今後の対応策等についてとりまとめを行い、報告書として印刷のうえ関係先に配布した。
部数 :400部
規格 :B5判 182頁
配布先:委員、会員、関係官庁
成果物 「先端的生産技術の導入促進に関する調査研究」の報告書
備考