日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

海底観測ステーションシステムの研究開発

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,326位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:132
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 日本水路協会
団体名ふりがな にほんすいろきょうかい
年度 1992年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥16,104,000
助成金額: ¥16,104,000
事業内容 (1) 精密距離測定装置の改造・試作及び整備
 信号ケーブルの片端をROVで取り扱えるよう水中着脱コネクタに交換、データ収録部、電源部を交換可能な構造に改造、リチウム電池による電源部の設計製作を行い、自動計測ソフトを受信信号の最大値以外も有効なデータとして収録できるようにしたほか、距離測定をフルスケールで行える粗計測モードの繰り返しを任意の指定間隔で行えるよう改良、また計測データの伝送時間を短縮するためA/Dコンバータを受信機から受信処理部に移設した。
 また、雑音軽減対策で受信部から前置増幅器を取り外した。回収用ロープキャニスタを製作、システム全体を起動するためのマグネットスイッチ、作動確認用のストロボ等を送信部に取り付けた。ケーブルドラムの製作、架台への取り付け工事を行った。
(2) 地殻上下変動観測装置の改造・試作及び製作
 圧力検出部を差圧式として完成させ、加圧試験により圧力対出力周波数の特性を測定し、所要の性能が得られることを確認した。実海域の水深に合わせた調整用重錘を製作した。データ収録部電源部及び自動計測ソフトを完成させた。さらに1台の装置を製作した。
(3) 架台・耐圧容器の試作
 装置に合わせ、金属フレーム構造の架台及びガラス耐圧球を加工した耐圧容器を試作した。
(4) 実海域実験
 平成4年11月16〜20日相模湾内の予定海域に、海上保安庁水路部所属の測量船「天洋」及び別事業の無人潜水艇マーカス2500、支援船「富土山丸」と共同で、海底観測ステーションシステムの各装置を海底に設置した。
@ 精密距離測定装置は、「天洋」からワイヤー及びロー (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「海底観測ステーションシステムの研究開発」の報告書
備考