日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

バラスト水による有害プランクトン伝播対策の調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,724位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:602
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本海難防止協会
団体名ふりがな にっぽんかいなんぼうしきょうかい
年度 1992年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥9,978,000
助成金額: ¥9,978,000
事業内容 (1) 調査の方法
 バラスト水による有害プランクトンの伝播防止方法(リバラスト、安全証明の発効及び物理・化学的シスト殺滅)について平成3年度に実施した調査研究結果から抽出された検討課題を考慮して、本年度はシスト殺滅未実験化学物質の実験を行って、実用可能と考えられる化学物質を選出し、その化学物質について分解性、鉄腐食性及び発癌性物質の生成などに関する実証実験を実施して安全性をチェックする。また、リバラストについては、船体の安全性に関するさらなる検討を行うため、実際のオーストラリア就航船のリバラスト時の安全に関する各特性値の測定・計算を行い、安全性について詳細に検討した。
 これらの調査結果を総合的に整理し、バラスト水による有害プランクトンの伝播防止のための最も有効かつ経済的な方法を確立するための資料を作成した。
@ 委員会による研究
 学識経験者、関係団体及び関係官庁等で構成する「有害プランクトン対策委員会」を設けて、下記のとおり検討した。
a. 第1回委員会を開催して、次の事項を検討した。
(a) 本年度調査研究方針について
(b) その他
b. 第2回委員会を開催して、次の事項を検討した。
(a) 本年度調査研究の中間報告について
(b) 安全証明に関する危険基準検討調査変更実施計画書について
(c) その他
c. 第3回委員会を開催して、次の事項を検討した。
(a) 本年度調査研究報告書案について
(b) その他
A 委託研究
 バラスト水による有害プランクトンの伝播対策に関する調査研究業務に関して委託して実施した。
(2) 調査項目及び内容
@ シスト殺 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「バラスト水による有害プランクトン伝播対策の調査研究」の報告書
備考