日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(8月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船用品の整備技術に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,382位 (19,256事業中)
成果物アクセス数:130
更新日 : 2019年8月17日

注目度とは?

団体名 日本船舶品質管理協会
団体名ふりがな にほんせんぱくひんしつかんりきょうかい
年度 1992年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥3,848,000
助成金額: ¥3,848,000
事業内容 膨脹式救命いかだがその目的を達するためには、安全にかつ確実に海面に投下されなければならない。そのためには格納容器(いかだコンテナ)内のいかだ本体は常にコンテナ内に正常に収納されていると同時に、コンテナもまた架台の正しい位置に設置されていなければならない。
 近年、大型化したいかだ重量は400kgにも達するものがある。重量が重いと人手で所定の位置への積み付け調整作業は困難であるとともに、正確さを期し難い。
 このため、これらいかだを安全かつ容易に移動でき、整備されたいかだを所定の位置へ正しい状態に積み付けることができる軽便な装置を架台とも関連させた試作品により各種試験を実施して、脱着装置の実用化のための実用設計図を作成し船用品整備技術の向上を図ることとした。
@ 試設計
 いかだの整備作業の安全性向上及び効率化を増進するため、大型いかだ(410kg)を保持し、架台とも関連させて容易かつ自在に移動可能な脱着装置一式を試設計した。
A 供試品
 試設計に基づいて試作された、いかだ脱着装置一式を供試品とした。
B 試験の種類
 供試品について、次の試験を行った。
 a. 耐荷重試 b. 急停止試験(走行試験及びブレーキ試験、荷重吊り状態急停止試験) c. コンテナ固定試験(いかだ積付け積降ろし試験) d. 操縦性試験 e. 脱着試験(いかだ積付け積降ろし試験)「実船上にて」
 なお、実船上では陸上試験とほぼ同種類の試験を実施した。
 (注)括弧内は、委員会で名称変更した試験名
C 実用設計
 船上試験で収集した資料を検討のうえ、実用設計図を作成した。
成果物 「船用品の整備技術に関する調査研究」の報告書
備考