日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

舶用燃料油前処理の陸上化に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,224位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:392
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1992年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥10,329,000
助成金額: ¥10,329,000
事業内容 @ 舶用燃料油の実状調査
a. 製造・供給・積込過程調査
 米国、欧州、シンガポールにおける舶用燃料油の供給状況を延べ54社について調査した。
b. 購入状況およびコスト分析
 世界主要10港の燃料油サンプル84試料を分析、各性状・コストの調査を行った。
A 油性状と機関プラントの信頼性相関調査
a. 各プラント要素の腐食、磨耗、汚損等と不純物の相関
 燃料油成分のうち、機関プラントの信頼性への影響が大きい因子の特定調査を行い、そのうちCCAIと磨耗、腐食との相関の実験を行った。
b. 硫黄分と排エコ使用温度、腐食との相関
 硫黄分と排エコ温度、腐食との相関を運航データによる調査とともに、実験によって求めた。
B オプティマム燃料油仕様とコスト評価
a. オプティマム燃料油仕様策定
 @、Aの調査、実験結果から使用燃料油性状と推進プラント信頼性向上率の相関を把握し、オプティマム燃料油仕様のあり方を調査し、仕様案を策定した。
b. 船内処理プラント設計及びコスト評価
 問題となる油性状パラメータ毎に船内処理システムを調査した。
成果物 「舶用燃料油前処理の陸上化に関する調査研究」の報告書
備考