日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

潜水調査船等に用いる新動力源の調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,993位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:471
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1992年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥36,120,000
助成金額: ¥36,120,000
事業内容 @ RI発電システムの検討・設計
 昨年度実施した発電システムの概念設計の性能向上のため、更に詳細の検討を行った。
a. 熱電気発電システムの概念設計
 小型有人潜水船に対する要求性能に基づき、特に熱源部、遮蔽部の改良設計を行い、性能向上、重量軽減の検討を行い母船上での取扱いを含むシステム全体の検討、全体構造図を作成して、性能評価を行った。
b. 熱電子発電システムの概念設計
 無索無人潜水船に対する要求性能に基づき、特に熱電子変換部構造熱源部、遮蔽体の寸法、形状について検討を行い軽量化を図り、発電出力について性能評価を行った。
c. 熱機関発電システムの概念設計
 大型有人潜水船の要求性能に基づき、最も有利なスターリングサイクルの熱機関について熱源部、遮蔽部、冷却水、電気系統の詳細設計を実施し、また、耐圧殻の検討により軽量化を図り、性能評価を行った。
A 要素試験
a. 熱電気発電システムの要素試験
 昨年度製作した熱電気変換部部分ユニットを用い、熱電気発電システムの性能評価試験を行った。それにより電気出力、電気抵抗、内部温度分布を計測し、発電効率について当初計画の性能が得られたことを確認した。
b. 熱電子発電システムの要素試験
 熱電子変換部について、単体性能試験用の熱電子素子、及び試験を実施するための電気加熱装置、冷却装置、真空装置、計測制御装置などの試験装置を設計製作した。それにより、熱電子素子単体の発電性能、耐熱性能及び絶縁性能試験を実施して、当初計画した性能が得られたことを確認した。
B RI発電システムを用いた概念設計 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「潜水調査船等に用いる新動力源の調査研究」の報告書
備考