日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

中型ばら積貨物船の高性能化に関する研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,779位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:559
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1992年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥32,070,000
助成金額: ¥32,070,000
事業内容 @ 模型試験とその解析
a. 追加船型及び改良船型の決定
 初年度選定した母船型の船体前半部の水線面CwFを系統的に変化させたフレームラインシリーズ(2隻)、バルブの形状をかえたバルブシリーズ(2隻)の模型船型を決定し、線図を作成した。
b. 模型試験
 a項で作成した線図により4.5m模型船4隻を製作し、正面規則波中における馬力増加試験および抵抗増加試験のシリーズ試験を行った。
 シリーズ試験は、満載及びバラスト状態の2状態、船速は母船型の航海速力と同じFn=0.17(実船速力で約14ノット)、規則波の状態は波のSteepness(ζw/λ)をζw/λ=1/50の一定、波長はλ/Lpp=0.40,0.52,0.64,0.76,0.88,1.00と変えて実施し、船体前半フレームライン及びバルブ形状と波浪中運航性能との関係を検討した。
c. 試験結果の解析
 昨年度改良した計算プログラムにより、新たにログブック解析のある7隻のデータについて、抵抗増加の計算を行った。また、波方向の影響を考慮し、不規則波中の計算ができるように改良した計算プログラムを用いて、ログブックの解析を行った船について船速低下の推定計算を行い、解析結果との比較検討を行った。
A 航海日誌の解析
a. 追加船型類似船の選定・解析
 @a.項で決定した追加船型に類似の主要目を持った実船4隻を選定し、ログブックを収集・解析し、全シーマージン、船底汚損マージン、波浪マージン及び船速低下について検討した。
B まとめ
a. 余裕計画出力まとめ
 信頼性工学の立場からの確率論的な取扱いによる新しいシーマージンの適用により、船速低下の推定がある程度可能なことを確(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「中型ばら積貨物船の高性能化に関する研究」の報告書
備考