日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

船殻構造の強度評価と管理目標の定量化の調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:2,098位 (19,279事業中)
成果物アクセス数:1,158
更新日 : 2019年9月21日

注目度とは?

団体名 日本造船研究協会
団体名ふりがな にほんぞうせんけんきゅうきょうかい
年度 1992年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥25,563,000
助成金額: ¥25,563,000
事業内容 @ 構造解析手法と算定精度の研究
a. モデル化による応答解析精度の研究
 構造解析のモデル化による精度について研究するため、150型バルクキャリアの貨物艙1+1/2ホールド、全ホールドモデルによる鉱石隔艙積み状態のFEM解析を行い、昨年度のバラスト積み状態の結果と比較検討した。また、助板の座屈固有値、ハルガーダの最終強度解析法を検討した。以上を含め3年間の結果により、バルクキャリア船体構造解析のためのガイドラインをまとめた。
A 材料・工作の不整量と強度変化の研究
a. 材料・工作の品質管理の調査
 追加事例として、目違いモデル、水圧を受ける初期不整のある船底外板の強度について、試解析を行った。以上の結果を含め、3年間の成果をまとめ今後の工作基準、品質管理のあり方について提言を行った。
B 設計条件と寿命管理の研究
a. 汎用データによる設計寿命の精度研究
 ストリップ法による船体運動、波浪変動圧と船倉内バラスト水の変動圧力の計算結果を模型実験にて検証し、また大型バルクキャリアの船艙部肋骨下端の応力解析を行って、疲労強度推定法の指針をまとめた。
b. 模型実験による検証
 船体構造の代表的な角まわし溶接継手試験片により、嵐モデルによる変動荷重疲労試験を行い、設計線図を作成し、線形累積被害則の適用法についてまとめた。
C 総合的な強度評価法の研究
a. 総合的強度評価法の検討
 確率論による総合的強度評価の定量化について各種損傷モードのフォルトツリー解析を行い、また、原子炉、航空機の強度余裕の考え方も整理して、安全管理目標設定の指針をまとめた。 (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「船殻構造の強度評価と管理目標の定量化の調査研究」の報告書
備考