日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(10月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

中型造船業魅力化方策研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:6,982位 (19,285事業中)
成果物アクセス数:84
更新日 : 2019年10月12日

注目度とは?

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 1992年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥9,109,000
助成金額: ¥9,109,000
事業内容 本年度は、第4次構造改善事業及び雇用管理改善事業の準備期間にあたり、次の項目を実施した。

(1) 魅力化事業調査研究
 中型造船業魅力化推進委員会において、中型造船業の魅力化のための施策を検討し、近促法等の法的制度及び公的機関の助成等も利用できるよう具体的な事業内容を決定し、手引としてとりまとめ普及説明及び参加募集を行い、個々の参加企業の近代化計画・改善計画を作成した。

(2) 魅力化事業普及説明
 公認会計士柿島勝氏とともに関東以北(東京)、東海阪神(神戸)、中国(広島)、四国(今治)、九州(小倉)の5地区において「中型造船業魅力化事業の手引」を用いて会員企業42社に対し、事業内容等の普及説明を行った。

(3) 情報技術基盤の強化
@ 電算機高度利用に係る調査研究
 リレーショナルデータベース、画像音声統合プロセッサ等のソフトウェア資料を取得検討し、中型造船所における情報管理及び従業員教育等の基礎資料とした。
A 船舶基本設計計算プログラムの開発
 コンピュータリゼーション委員会において、当工業会が昨年度作成したパソコン用損傷時復原性計算基本プログラムを基に、応用部分として安全規則等の改正に準拠しながら、データ運用の改善による計算時間の短縮及びなお一層の簡便化を図り、中型造船業の日常業務に適合した「損傷時復原性計算プログラムVer.92」として作成した。

B 電算化推進指導
 関東地区(横浜)、中国地区(沼隈)及び四国地区(今治)を訪問し、コンピュータリゼーション事業参加企業16社に対し、本年度に作成した「損傷時復原性プログラムVer.92」の使用に必要な知識(文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「中型造船業魅力化方策研究」の報告書
備考