日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(7月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

ドーム型船台建設のための調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:3,511位 (19,229事業中)
成果物アクセス数:315
更新日 : 2019年7月13日

注目度とは?

団体名 日本中小型造船工業会
団体名ふりがな にほんちゅうこがたぞうせんこうぎょうかい
年度 1992年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥2,997,000
助成金額: ¥2,997,000
事業内容 本年度は昨年度に実施した上屋付船台の実態調査等を基にわが国に導入する際のドーム型船台の基本計画を策定した。
・ 新造船設備能力を50,000総トン(呼称能力)とし、ドック長さ270m、幅45mと想定し建屋の大きさは長さ300m×幅90mとして作成した。
・ 建屋の高さはクレーンの種類、大きさにより異なるが本計画では300トン吊りの門型走行クレーン配置とし約70mとした。
・ 建屋の材質は基本的に断熱材及び吸音材裏打とし、一部明かり採りのためFRP材を採用した。
また、内部設備は従業員の労働環境を重視した最新の設備を配備した。
・ 基礎は既製コンクリート杭打撃工法とし、日本の造船所立地の土壌に最も適する工法を採用した。
・ 建屋からの船渠出口は、補強フレームと帆布を組合せた折りたたみゲートを採用した。
成果物 「ドーム型船台建設のための調査研究」の報告書
備考