日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(3月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

先端的生産技術の導入促進に関する調査研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:4,882位 (18,935事業中)
成果物アクセス数:154
更新日 : 2019年3月9日

注目度とは?

団体名 日本舶用工業会
団体名ふりがな にほんはくようこうぎょうかい
年度 1992年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥4,669,000
助成金額: ¥4,669,000
事業内容 (1) 生産の自動化の問題点調査
a. 自動化が促進されている各企業工場での自動化の実態、問題点について取材調査を行った。
b. 自動化が導入されている舶用工業及び他産業に対して、自動化の問題点及び運用法等についてアンケート調査を実施した。
 回答状況
舶用工業(245事業所発送、80件回答)、他産業(115事業所発送、70件回答)
(2) 一般産業におけるFA化/CIM化の実態調査
 舶用工業において、先端的生産技術のシステム構築を図るうえでの問題点をあきらかにするため、一般産業(NEC、日本IBM、日本製鋼所など7社)における生産設備の実態調査を行った。
(3) 舶用工業におけるケース・スタディによるFA化等の試設計
 舶用工業企業での先端的生産技術導入のための試設計対象企業としてエンジン、ポンプの製作工場を選定し、試設計作業を行った。
・ エンジン製作工場……工場の管理業務を従来のペーパーによるものから、POP(生産時点情報管理)といったシステムによる自動情報採取とするための試設計を行った。
・ ポンプ製作工場………現在保有している工作機械、パレット・取付具、段取ステーション等をそのまま使用することを前提条件としたポンプケーシング加工工場のFMS(Flexible Manufacturing System)のための試設計を行った。       
(4) とりまとめ
 上記の調査結果等を基に舶用工業における先端的生産技術の導入策、運用上の問題点、今後の対応策等も含めたとりまとめを行い、報告書として印刷のうえ関係先に配布した。
成果物 「先端的生産技術の導入促進に関する調査研究」の報告書
備考