日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす

フリーワード検索


日本財団の「成果物」を検索していただけます。

  • 成果物を検索
  • 事業を検索
  • 団体を検索
  • 「成果物」とは?
ジャンルから検索
アクセスランキング

アクセス数(9月分)

100位まではこちら

アンケートランキング

アンケートポイント(累計)

100位まではこちら

私はこう考える
テーマ別の新聞記事等を集めたコーナーです。
北朝鮮イラク戦争憲法改正教育問題自衛隊ダム建設死刑廃止天皇制国連公営競技・ギャンブル中国

日本財団 ABOUT US:別ウィンドウで開きます。

Top > 事業一覧 > 事業情報

九州圏における海運の振興と近代化に関する研究

注目度詳細
成果物アクセス数ランキング:5,675位 (19,275事業中)
成果物アクセス数:119
更新日 : 2019年9月14日

注目度とは?

団体名 九州運輸振興センター
団体名ふりがな きゅうしゅううんゆしんこうせんたー
年度 1991年度
事業種別 助成事業
実施地域  
実施国  
事業金額
事業費総額: ¥16,600,000
助成金額: ¥16,600,000
事業内容 (1) 離島における地域開発の進展に伴う海上輸送体系のあり方に関する調査研究
 平成3年度〜4年度にわたる2年継続事業で、初年度は入込客及び航路・航空路旅客を対象に、以下の調査を実施し、中間報告書の形でとりまとめた。
@ 対馬島の入込客及び航路空路旅客を対象にアンケート調査、及びヒアリングによる実態調査を実施し、観光実態と観光ニーズ並びに入込客の流動実態と利用者の意識について明らかにした。
a. 旅客の流動状況(「航路・航空路旅客実態調査」)
  航路 航空路
  厳原〜博多間 比田勝〜小倉間 対馬〜福岡間 対馬〜長崎間
配付数 255 113 401 172
計 368 573

b. 観光客の実態(「入込客実態調査」)
  厳原町 美津島町 上対馬町 計
設定数 200 50 50 300

A 対馬島における海事・運輸関係事業者を対象に、海上交通体系(対韓交通体系を含む)に対する意識、観光・海洋レジャーに対する意識のヒアリング調査並びに国及び地方公共団体・その他関係団体に対し地域特性、観光基盤概況、地域開発動向等について、ヒアリング調査を実施した。
  海事・運輸関係事業者 国又は地方公共団体・その他
件数 15社 20社

B 離島の活性化対策推進の一環である海上交通体系の整備に資するため、既存資料による分析を行い、対馬島の現況と問題点を抽出した。
 以上、アンケート・ヒアリング調査結果及び既存資料等を分析し、地域振興整備方策を提言するにあたっての問題点を明らかにし、さらに、次年度調査の主要な課題を検討した。

(2) 鹿児島県下の主要港湾における国際航路開設のための調査研究
 平成3年度〜4年度に (文字数制限によりここまで。以降は日本財団図書館を参照。)
成果物 「九州圏における海運の振興と近代化に関する研究」の報告書
備考